遠赤外線温熱器

体を芯から温める温熱器「ひまわり家族」

「ひまわり家族」は温熱効果の高い特別な波長で体に働きかけます。
太陽のような心地よさで体を優しく包む温熱器。
お子様からお年寄りまで、家族みんなでお使いいただけます。

冷えは万病のもと。体を温めて元気になりましょう!

冷えは健康の大敵。運動不足やエアコン、冷たい飲み物、食べもの、ストレスなどで体が冷えている人がたくさん。
「自分は冷えている」と感じている人も少なくありません。
大切なのは、体内の深部温度。体温が1度下がると免疫力は30%以上低下するといわれています。
また、酵素の働きが大幅にダウンするため、代謝が悪くなり、体調不良になっていきます。
冷えない対策でなく、「体の中を温めるケア」でより元気に、健康な体を作りませんか?

「冷えサイン」を見逃していませんか?
低体温だとこんなリスクが…
  • 高血圧

  • 糖尿病

  • 腎臓病

  • 肝臓病

  • がん

  • リウマチ

  • 胃腸障害

  • 婦人科系
    疾患

  • 自律神経
    失調症

ひまわり家族だけの「簡単冷えケア」

従来の温熱器は温度が高く、長時間体にあてることができません。
ひまわりは、温度が低く、心地良いぬくぬく感で長時間ご使用いただけます。
また、温熱器からの熱を伝えるのではなく、体内の水分子(血液や体液)を振動させて、体の中から熱を発生させる温熱器です。
体温が上がることによって、血行がよくなり、冷えによって起こる不快な症状に効果的。
ひまわり家族なら、いつでもどこでも簡単に冷えのケアができます。

こんな人におすすめです

  • 体温が低い(36度台前半)
  • 育ち盛りのお子様
  • スポーツ選手
  • アンチエイジングケア
  • 元気な赤ちゃんを作りたい
  • 授乳中のお母さん
  • 運動が難しい年配の方 などにおすすめ

「冷え」からくる様々な症状はもちろん、スポーツなどで痛めた筋肉の修復に効果的。
今の元気を保ちたい、より元気になりたいという方はもちろん、妊婦さんや、受験勉強などのハードなデスクワークをする方に最適です。

ココがポイント!
大切なのは体内の「深部温度」

内臓の温度を37度以上に保つと、免疫力は6倍にアップ
腸の動きが活発になるため消化・吸収も良くなり、元気な体を作ります。

カンタン・安全・心地よい ~ひまわり温熱はここが違う~

内部温度を上げて元気な体を作るには、毎日継続して使うことがポイント。
「簡単・安全・心地よい」が特長のひまわり温熱なら、誰でも無理なく続けられます。

従来の温熱器
  • 表面から熱を伝える方式
  • 熱さや痛みを感じリラックスできない
  • 本体の温度が90~100度の高温になるため取り扱いに注意が必要
  • 施術の必要があるため、寝ている時は使えない
ひまわり温熱器
  • 体の中の水分を直接温める方式
  • 心地の良い温かさでリラックスできる
  • 本体の温度が約65度と低く、皮膚にも接触しないため安全
  • 寝ている時が施術の時間。だから毎日無理なく続けられる

いつでも、どこでも使えて経済的

  • 車内でも、デスクワークでも、場所を選ばずお使いいただけます。
    また、タイマーが付属しているので睡眠中にも。
    いつでもどこでも、24時間使用可能です。

  • 5.4
    24時間使用時の
    電気代

「ひまわり家族」の5つの特徴

  • ひまわり独自のテクノロジー6.27μmの遠赤外線
    • 水分子と共振し温熱効果の高い赤外線は2.66μm、2.73μm、6.27μmの波長のものが知られています。従来これらの赤外線を放射するためには、器具の温度を数百度~1000度以上にしなければならず、人体に使用するのは危険なため健康器具には向いていませんでした。
      しかし、ひまわり家族は特許を取得した独自のテクノロジーにより約65度という低温※1でこの6.27μmの赤外線の放射効率を高めることに成功※2。どなたにも安全にお使いいただける温熱器が実現しました。

      ※1:WE950は施術用のため約95度です。
      ※2:特許取得済み。

  • 体の中から温まる
    • 身体の奥まで遠赤外線を届けるには「できるだけ器具を近くに置くこと」が必要です。離れた所からあてると、皮下の毛細血管が反応して皮膚の表面温度が上昇するため、サウナのように激しく発汗作用が起こります。
      ひまわり家族は薄い布一枚で直接肌に当てられるため、身体の深部まで遠赤外線を届けることができ、心地よい状態で身体の芯から温まります。
      ひまわり温熱器の特徴は、水分子の振動を利用すること。そのため、体内に十分な水があることが大切です。

  • 簡単、安心、安全
    • 温熱器を下腹部に腹巻などでとめて、運転、デスクワーク、睡眠など長時間の作業をしながら使えます。 寝ている間にも冷え対策ができます。65度の低温なので、やけどの心配もなく24時間連続でも安全にご使用いただけます。

  • 2個使いで効果が4倍
    • ひまわり家族が2個で1セットなのは理由があります。両方から出た遠赤外線が体の中で共振するため、効果は2倍ではなく「1+1=4倍」に! お使いの際は必ず2個セットでご使用ください。

  • 長寿命で経済的
    • 消費電力はわずか5Wと経済的です。
      24時間使っても電気代は1日わずか5.4円※3
      フィルターや電極がなく、PTCセラミックヒーターを使用しているため安全で長寿命です。

      ※3:電気料金は1kWhあたり22円で計算しています。

6.27μmの遠赤外線とは

6.27μmは、光(電磁波)の波長の長さを示しています。波長とは図のように波の谷から谷までの距離を表し、波長の長さでその呼び名が変わります。

私たちが普段見えている光は「可視光線」と呼ばれ、波長は約0.38μm~0.75μmの範囲の光です。遠赤外線は約3μm~1000μmの範囲の波長で、私たち人間には見えない光です。この遠赤外線の中で、高い温熱効果をもつ波動があります。それが2.66μm、2.73μm、6.27μmの波長の光です。2.66μmと2.73μmは、医療機器で使用されており、6.27μmを使った器具はほとんどありません。

特許を取得した温熱器

温熱効果の高い6.27µmの遠赤外線は、これまで健康器具として取り扱われてきませんでした。それは、これらの遠赤外線を放射するためには、温熱器の温度を数百度〜1000度以上にする必要があったため、人体への使用が危険視されていたからです。 長年の研究の結果、開発された「ひまわり温熱器」は、特許を取得した独自のテクノロジーにより、65度という低温で6.27µmの遠赤外線を放射します。これによって、6.27µmの遠赤外線を利用した温熱療法が可能となりました。

ひまわり温熱器の使い方

寝ている時間が施術の時間。努力がいらないので、忙しい方でも毎日続けて使えます。
マットを4枚敷き、下腹部にひまわり家族αを2個セットして朝までぐっすり眠るだけ。
赤ちゃん、妊婦さん、お年寄りまで年齢・性別を問いません。また、ペースメーカーなどの治療器具を使用されている方でもお使いいただけます。

  • 15分ごとにオン/オフするタイマーが付属していますので、睡眠中も安心してお使いいただけます。
  • ひまわり家族αは体調に合わせてお好きな位置でご使用ください。

Voice お客様の声

  • 元気な赤ちゃんを出産
    30代女性

    不妊治療をしていましたが、「冷え」は妊娠しにくいと本で読み、温める方法を探していました。ひまわり温熱を紹介してもらい、使い始めて4ヶ月程度で赤ちゃんが出来ました。産む直前まで温め、産んでからも赤ちゃん含めて使っています。母乳の出も良くとても感謝しています。

  • お肌のトラブルが改善
    10代女性

    ニキビでお肌の炎症がひどく、皮膚科にも通っていましたが改善されませんでした。温熱で腸を温めて血流を良くし、栄養をとったところ、びっくりするほど肌が改善されました。部活動で疲れやすかった体も元気いっぱいです。

  • 顔面神経麻痺がウソのように
    50代男性

    ストレスやお酒などで、顔面神経麻痺というたいへんな病気を経験しましたが、温熱を紹介され顔面神経麻痺も改善。それ以降も肩凝りなどのケアのため欠かさず温熱をやっています。今では、誰も病気のことはわからないほど改善しました。

  • 生理痛が軽くなった
    20代女性

    便秘・生理痛がひどく背中に吹き出ものもあり、睡眠時間も短い状態でした。温熱器を取り入れてから深い睡眠になり、疲労した体が元気になりました。今は肌もきれいになり、血液が栄養と酸素を送ってくれることを実感しています。

  • 毎晩ぐっすり眠れる
    60代女性

    朝起きると活動までに1時間ほどかかっていましたが、マットと温熱器を使うようになって朝の目覚めが良く、活動がすぐに出来るように。午前中の仕事があっという間に終わり、何かをやってみようと意欲もどんどん湧いてきます。睡眠の質が違うと生き方も変わります。

  • 肝臓の数値が正常に
    20代女性

    肝臓の数値が悪く、肌も黄色く、かなり悪かったのですが、しっかりと栄養をとりマットとひまわり温熱器を使用して血流を確保しました。2ヶ月ほどで肝臓の数値も改善し、疲れも驚くほど少なくなり、違いを感じています。

※個人の感想です。すべての方に同じ効果があるわけではありません。

ひまわり家族α

ひまわりシリーズの中で、最もスタンダードな温熱器です。毛細血管が集まる下腹部を中心に、頭、目、肩など疲れを感じる箇所に当てて使用します。

ひまわりマット

温熱器がマットの中に内臓されています。デスクワークや運転中などに臀部や背中などに使用します。就寝時に足元などを温めるのも効果的です。

「私たちの身体は、食べたものでできている」これは、私たちボタニック・ラボラトリーが提唱する正常分子栄養学の基本的な考え方です。 この考え方に基づき、長年、病に苦しむ患者さんの栄養指導をはじめ、一人でも多くの人が健康で、長生きできるようにサポートを行ってまいりました。 健康な身体は、健全な代謝から生まれます。健全な代謝には、摂取する栄養の質と量が深く関わっています。 皆さまの健康長寿な人生を後押しするために、栄養の大切さをお伝えしていくこと。それが私たちの原点です。